プチ幸せ気分〜犬の心理

P1010635.JPG P1010634.JPG
【でた〜!ピピの「構ってよポーズ」これをされると無視できない】              

このブログのテーマは
「みんなで幸せになろう!」です。

番組名は忘れたが
『人と動物との関係学会』所属の「の気持ちがわかる」
というおじさんが、TV出演していた。

そのおじさん、いやその先生がおっしゃるには
最新の研究で、
飼い主に 楽しいアニメと悲しいアニメを3分間見てもらい
どちらを見ている飼い主をはより長くみつめるか
を調査したところ
合計時間で、楽しいアニメの方が15%長かったという。

この研究結果からわかるの心理は―(先生いわく)
もやっぱり楽しい気分でいたい。
だから、楽しい表情やしぐさをしている飼い主のそばに行こうとする
また、は、飼い主のわずかな表情の違いに気づくことができるし
にとって、飼い主の感情や気分の状態を認識することは重要である

そして―(先生は続けていわく)
にうれしい顔を見せて、気持ちを共有することが大切である
と人は長い共存生活の中で、特別な絆を築いてきた。

わたくし、とっても反省いたしました。

最近、愛犬ピピに
楽しい顔、うれしい顔、幸せな顔を見せていなかったなぁ〜。
最近イライラすることが多かったなぁ〜。
イライラ中、いつもピピは私を静観し、距離を置く。
本当はピピのそんな困惑した気持ちに気付いていたけど、
一旦火のついたイライラを鎮めることができなかった。ごめんね。

反省後は、なるべくピピと目を合わせてニコッとするようにした。
(ピピ「なんだなんだ、急にきもちわる〜」
 私「おいおい、とびきりの笑顔だぞ」)

でも、無理してうれしい顔を繕っても
本当にプチ幸せ気分になっていないと、おそらくピピは見抜く。
だから、 ピピのためにも プチ幸せ気分で過ごさなくっちゃ。

追記)
人との特別な絆―本当にその通りだと思う。特別なんだ。
なぜはこんなにも人間に対して忠実なんだろう。
なぜはこんなにも人間に親しみを示してくれるのだろう。
神様が、を人間のために特別に造ってくださったにちがいない

だから、への虐待、殺処分などがあってはならない。
また、に 病気や事故、飼い主との別れ等の不幸が起こらないでほしい.
病気や怪我のわんちゃんに痛みや苦しみがないことを願う。頑張れ!
飼い主のいないわんちゃん、新しい飼い主さんが早く見つかるといいね
とにかく、世界中の幸せになりますように。
いえ、だけでなく、猫も、その他の動物たちも。

ブログテーマ「みんなで幸せになろう!」のみんなには
人だけではなく、をはじめとする動植物も含まれている。


今日のプチ幸せになる記事は
ちょっとブレイク 雑学タイム 今日は何の日がわかる記事」です。


「悩み解消!幸せになる生き方がわかる」人気ブログをチェック
     




blogramのブログランキング


サイトのはじめのページへ

posted by プチ幸せ犬 | プチ幸せ気分〜生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。